土浦市ネットワーカー等連絡協議会
土浦市ネットワーカー等連絡協議会
ネットワーカー等連絡協議会
代表者名
井深 敏彦(いぶか としひこ)
問合せ担当者
土浦市役所市民活動課(宮下)
設立日
平成12年3月29日
活動内容・活動実績
■四中地区コミュニティセンター(四中地区公民館)に集まり、定例会を開いて、情報交換やアクリルたわし・エコバック作り・牛乳パック再利用の紙皿づくりの研修を行っています。

■エコ手作り教室として、地域や公民館などに出向き、アクリルたわし・エコバック作りを教えています。エコライフ運動の意識を啓発しています。

■霞ヶ浦に注ぐ河川を定期的に水質検査しています。この活動により水質浄化を進めるアクリルたわし作りの必要性を認識しています。

■地域住民の連帯感の醸成を図るため、青少年育成茨城県民会議を中心として展開している「あいさつ・声かけ運動キャンペーン」に参加し、土浦駅等であいさつ・声かけを行っております。

■土浦市で開催している「みんなで協働のまちづくりシンポジウム」の運営に協力しています。

茨城県の「チャレンジいばらき県民運動」からネットワーカーに委嘱され、県民運動を推進するための様々な活動に協力しています。
活動エリア
土浦市
会員募集
会員数
15人
活動分野
  • 子ども・青少年
    • 体験学習・青少年団体
    • 青少年健全育成
  • 環境
    • リサイクル・省エネ
    • 自然環境・森林保全
  • 地域
    • 地域の活力づくり
PR(アピールポイント・メッセージなど)
平成12年3月29日設立。令和2年に20周年を迎えました。
現在、会員は15名(男性3名、女性12名)。会長を中心に、きれいで住みよい地域づくりを目指し、霞ヶ浦の水質浄化や環境美化運動を行っています。

ネットワーカーの一人ひとりの活動が全ての出発点です。
しかし、一人の活動には限界があります。1人よりは2人、2人よりは3人と、手を広げ心をつないでいくことがとても重要です。ネットワーカーは、地域の中で様々な活動をしている団体や個人として参加しています。
いろいろな立場の人が相手の活動や立場をお互いに理解し、相互に乗り入れをしながら地域の活動団体間のネットワークがつくられることで、県民運動のより一層の活性化が図られます。
土浦市ネットワーカーの輪が広がり、交流と情報交換の場となる、土浦市ネットワーカー協議会で一緒に活動しませんか?