ふるさと自慢

永遠の愛のシンボル

「陶芸の里 かさま」は,平成22年6月1日,茨城県内でははじめて,全国では100番目に恋人の聖地として認定されました。
 メインモニュメントは笠間工芸の丘に設置されています。このモニュメントには,地場産材の笠間焼や稲田みかげ石が使用されており,365日の永遠の愛のシンボルになるよう願いが込められています。他にも,ハートのオブジェや,たくさんのハートのタイルもあります。また,サブモニュメントは,北山公園とあたご天狗の森に設置されています。

 

恋人の聖地とは?

「恋人の聖地」とは,NPO法人地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」で,全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選定しています。ファッションデザイナーの桂由美さんや,華道家の假屋崎省吾さんなどが選定委員として,自然に囲まれた場所や,夜景の綺麗な場所,「恋人の聖地」の銘板を付帯設置できる場所が選定されます。

 

紹介者からひとこと

笠間市は豊かな自然に囲まれ,春は桜やツツジやすずらん,夏は新緑やホタル,秋は紅葉と,四季の移ろいを肌で感じることができます。
 恋人の聖地としてもロマンティックなスポットがたくさんあります。「恋人の聖地 陶芸の里かさま」のホームページでは,お勧めのデートコースも紹介しています。恋人の聖地は,訪れた人々が幸せを感じられる場所だと思います。カップルだけでなく,夫婦や家族,友達同士で,ぜひ笠間市へ遊びにきてください。

「恋人の聖地 陶芸の里かさま」のホームページ
http://www.koibito-kasama.jp/

【見頃の時期】
春夏秋冬

アクセス
Information