筑西市ネットワーカー協議会がキャンドルナイトを開催しました(令和4年8月27日・28日)

令和4年8月27日(土)、28日(日)に明野ひまわりの里で開催された、筑西市の観光イベント「あけのひまわりフェスティバル」に、筑西市ネットワーカー協議会が参加しました。

フェスティバル開催初日は、日没後に会場付近の宮山ふるさとふれあい公園芝生広場において、3年ぶりに筑西市ネットワーカー主催によるあけのひまわりキャンドルナイトを開催。
近年発生している災害の犠牲者への追悼と家族や地域の絆への思いをこめて、ひまわり型にならべた約500個のキャンドルに灯りをともしました。

また、翌日にはフェスティバル会場において、チャレンジいばらき県民運動の啓発活動を行い、筑西市のPRに努めました。

ネットワーカーとは

住みよい茨城づくりを目指し、県民運動を各地で広げ、地域の人たちのネットワークづくりに取組んでいる方々をネットワーカー(地域活動員)と呼んでいます。ネットワーカーは、市町村からの推薦により、チャレンジいばらき県民運動の理事長が委嘱し、現在約800名の方が活躍しています。

▶ ネットワーカーについてはこちらのから