令和3年度ネットワーカー等連絡協議会代表者会議を開催しました

令和3年7月16日(金)水戸プラザホテルにおいて「令和3年度ネットワーカー等連絡協議会代表者会議」を開催しました。

ネットワーカーとは、県民運動を各地域で広げ、地域の人たちのネットワークづくりや住みよい茨城づくりに取り組む地域活動の実践者のことで、県内各市町村でたくさんの方が活躍しています。

「ネットワーカー等連絡協議会代表者会議」は、年1回各地のネットワーカーの代表者が集まり、チャレンジいばらき県民運動とネットワーカー間の連携強化を図る目的で開催しています。

今年度は、チャレンジいばらき県民運動の事業説明を行ったあと、茨城県防災・危機管理課の森田 孝 氏(地域防災力向上推進員)を講師に招聘し、自主防災組織の必要性や災害に強い地域社会づくりについてご講演をいただいたほか、地域防災に関する質疑応答を行いました。

また、県央・県北・鹿行・県南・県西地区に分かれ、地区ごとに、現在の状況や取り組み、困りごとなどを述べ、意見交換会を通じ連携強化を図りました。

チャレンジいばらき県民運動では、今後も各地のネットワーカーの皆様と密に連携をとりながら、共助による新しい茨城づくりに取り組んでまいります。
今回ご参加・ご協力いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

※本会議は、新型コロナウイルス感染症対策を講じ実施いたしました。